attention

インドの生地の特徴や魅力、取り扱い上の注意、お洗濯の方法、B品の状態などについて。


■common matters

共通の注意事項

私たちは、インドの布を、そのままお届けしたいと考えています。

〇小さなよごれを気にしていません。

1㎝以下の小さなよごれ、薄い色のよごれ、布の裏側の大きめのよごれはB品にしない場合がほとんどです。インドの小さな村から、たくさんの人の手を渡って、私たちの元に届きます。その布が辿ってきた道の途中で着いた小さなよごれは、個性として受け止めてもらえたら、と思います。
とはいえ、すごく気になるもの、ちょっとこれはどうかな、というものは避けて割引して販売しています。

お届け時の布の状態(糊・砂・土)
インドから届いた状態で洗わずにお送りします。インドの布で特にベジタブルダイの布は染色後に地面に広げて乾かすので砂、土がついている場合があります。それから、土の匂いがするときもあります。気になる方は洗ってからお使いください。
カディにはよく糊が付いています。何度か洗ううちに落ちてカディ本来の柔らかさになります。

 

 

■vegetable dye

ベジタブルダイについて

ベジタブルダイとは、インドで染められている、植物や鉱物、合成染料を含む染料の総称です。

 

〇発注毎に若干色が変わります。

ベジタブルダイの布は、染めた時の気温や水温、染料や補助素材の濃さなどにより、色の出方が変わります。赤や黄は特に色味の幅が広いと感じております。例えばアリザリン染料を使う赤は「黄みの赤」「青みの赤」「鮮やかな赤」「少しくすんだ赤」など、毎回多彩な赤があります。WEBSHOPで販売する場合は、基本情報に入荷した年月を記載しています。

〇ベジタブルダイの色の経年変化について

ベジタブルダイの色は洗濯や日焼け、経年などにより、少しずつ色が変化していきます。使う人と共に変化する表情を楽しみながら、布との時間を過ごしていただけたら、と思います。


〇色移りについて

ベジタブルダイは水濡れ、摩擦などによる色移りにご注意ください。

 

〇日焼けについて

局所的な日焼けを避けるために、保管の際は日の当たらない場所をお勧めします。

〇ベジタブルダイの布の洗濯について

インドの布は基本的に洗剤を使わずに手洗いをお勧めします。汚れがひどく、洗剤を使われる際は、漂白剤の入っていないものを使ってください。洗剤を使わない方が、ベジタブルダイの色を長持ちさせられます。

〇2国間の捉え方の違い
ベジタブルダイは、直訳すると「=野菜染め(自然染め)」ですが、日本の「自然染め」とは捉え方が異なる部分もあります。design labo chicaでは2020年以前の商品では「インドの自然染め」として表記しておりましたが、現在は「ベジタブルダイ」と表記しています。

■KHADI cotton

カディコットンについて

KHADI(カディ)とは、インドの村々でつくられている綿布で、手で糸をつむぎ、手で織った手づくりの布の総称です。

〇カディの歴史
インドがイギリスの植民地であった時代、独立の父ガンジーが「イギリスからの経済依存をやめ、自分たちの着るものは自分たちでつくろう」と投げかけて、当時すでにインドでも廃れかけていた手紡ぎ手織りでの布づくりを復興させました。その布をまとうことで、インド人の誇りをつくり、自立を促し、村に仕事をつくり、非暴力での独立に導いたといわれています。ガンジーはインド産の手織り綿を「カディ(KHADI)」と名付け、「Khadi is not just a cloth. It is thought. (カディはただの布ではない。思想である。)」と語ったそうです。

〇カディの特徴

生地の特徴としては使うほどに柔らかくふんわりとしてきます。通気性と吸収性が良い実用的な布です。夏のお洋服にすると、涼しくとても気持ちがよいです。


〇カディは縮みます

洗うとくしゅっとなって、約10%程度縮みますが、使っているうちに湿度を吸収して、ゆったりと伸びます。表情が変わり、呼吸しているようです。


〇カディの布の表情

カディは糸のほつれや飛び出し、織りむら、ネップの強い箇所があります。それは糸のつむぎ手が途中で変わったり、織り手の癖が出るためです。design labo chicaでは、このような布の表情に「インドの人や村のおおらかさ」がそのまま織り込まれているようで、カディの魅力のひとつと考えています。

 



■block print

ブロックプリントについて

ブロックプリントとは、インドの伝統的な染技法で、ウッドブロックと呼ばれる20㎝前後の木のハンコを使い、一押しずつ模様を押して染めあげた布の総称です。
おおらかなインドの職人さんたちが染めるので、柄がズレたり、重なったり、かすれたりしています。人間らしい揺らぎがあり、心地よいリズムをまとった布です。

〇柄は生地目に沿っていません

作業台に布を広げ、ピンで固定して染めます。固定の仕方によって、ゆがんでいるまま染めていることもあるので、生地目に柄が沿っていません。


〇柄合わせは出来ません

ブロックプリントの柄は、真直ぐに見えても微妙にずれており、版と版の間隔も一定ではありませんので、柄合わせは不可能です。


〇インクの飛び跳ね、カスレがあります

ブロックプリントの布を染めるときは、何度も染料と布の間をウッドブロックが往復するので、時々大小様々なインクの飛び跳ねがあります。design labo chicaではこのような表情もその布の個性としてとらえています。

  

■license free

ライセンスフリー

Mula:working clothの布はオリジナルデザインもセレクト生地もライセンスフリーです。

お使いいただくときに特に決まりごとはありませんが、もしよろしかったら告知の時に#ハッシュタグで「designlabochica」
「Mulaworkingclth」「Mulaの布」「Mulaのオリジナルデザイン」や、「バグルー村の夜空の星」などのテキスタイル名を使って頂けましたら、私たちも皆さんの作品を見ることができるのでとても励みになります^^

■feeling

インドの感覚

他の項目と重複する内容になりますが・・・。

design labo chicaは、インドの人たちのおおらかさ、人間らしい感覚など、目には見えないものを布に載せて日本に届けたいと思っています。

インドの人たちの寛容さや、違う宗教や考え方の人たちと共に日々を平和に暮らす考え方、自然や神々に祈る心や、幸せの哲学・・・、そんな目に見えないものが、人の手を通して布に込められていると考えています。

インドのおおらかな感覚が、あなたの心に届きますように。

デザイナー・ツジマミ



インドの布の特徴

上記で説明したもの、以下の写真のような状態は「インドの布の特徴」としてとらえています。


B品として扱う状態

以下の写真のような状態はインドの布の特徴ではありますが、販売時には割引価格で取り扱っています。